人気ブログランキング |

ふれあいらんど岩泉の副支配人ブログ


by fureailand
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

  初めてふれあいらんど岩泉に来たお客様にはよく言われます。

   え?コレ泊まれるの?いくらで?等々…
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_09342846.jpg
  という訳で、もはやふれあいらんどの顔となってしまった寝台特急
  ブルートレイン日本海について紹介します。

 なぜ「日本海」なのかは青森~大阪間の日本海沿いを走っていたからです。
 北陸新幹線の開通と共に、今は廃線となりました。

手前車両はマニアには常識、よくご指名される「オハネフ25-121」B寝台です。

余談ですが鉄道の車番にはいろいろ意味があって、オハネフについてはまず
「5t以上大型」のオ、「イロハ」のハ、つまり3等寝台、「寝る、寝れる」のネ
「プルブレーキ付車両」のフ、先頭はけん引車両になるので最後尾車両となります。
車体のゴールドラインは3等、白ラインは2等。 逆な気もするけど・・

   では、さっそく料金からいきます。
  初めての方にはちょっとわかりずらい料金表‥
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_10161788.jpg
中にはいるとこんな感じ。仕切りはカーテンのみですが全8ボックスあります。
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_10105831.jpg
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_10342352.jpg
  この上下×2のスペースを「1ボックス」という言い方をしてます。
  なのでB寝台は最大4名まで泊まれますね。1ボックス使用料金は1,030円。
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_11103407.jpg
  それに人数料金(加算料金)というのが一人1,030円かかります。

  つまり1人で泊まるとなんと2,060円!4人だと総額5,150円。安い‼
  寝具はシーツ、肌掛け、枕のセット付。冷暖房完備です。

  各ベッドには照明、コンセントもついてます。コンセント、10/1から
  重宝しそう。なぜなら…ブルトレFree Wi-Fi登場!お待たせしました。

   洗面所とトイレは列車内にもあるんですが・・・
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_11203414.jpg
 昭和のトイレなので当然ウォシュレットがありません。気になる方は
 センターハウスかサニタリーハウスのトイレをご使用ください。

  風呂はどうしようか⁉ シャワールームですがあります!
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_11243248.jpg
   もちろん無料。一気に5名までいけます。24時間OK!
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_11271233.jpg
  BBQやりたい!とのリクエストにも応えます。目の前でどうぞ。
  雨の日は下降りて屋根付きステージでBBQでもオッケー!
ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_11324479.jpg
  ホームページにも載せてある「お手軽BBQセット」「ブルトレ弁当」
  があれば、なんにも持ってこなくてもいいんです。ラクチン!

ブルートレイン日本海は他のお客様と共同使用になりますが、人数関係なく
貸切もやってます。 1両16,480円。(B寝台車)  気を遣わず騒げるね。


 色々な使い方ができるブルートレイン。ライダーさんには特におすすめ!
 余計な荷物いらないし団体ツーリングでも楽々対応。(最大32名)

天気がよければこの位置からのトンデモない星空、強烈に感動しますよ。

みなさん、寝台特急日本海 ぜひ泊ってみて!11月いっぱい営業します。


  以前に来てくれたライダーカメラマンさんがまた来てくれました。
  バイクはなんと!伝説のGPZ900R Ninja。89年A-6です。
 
  すげー、映画「トップガン」でトムクルーズがのってたヤツだ。
今のカワサキバイクって結構Ninjaロゴ入ってるけど元祖はやっぱりGPZ!

ブルートレインに泊まってみよう!_b0219993_12520858.jpg
  さすがプロカメラマン!撮り方うますぎる!
  自慢の愛車とブルートレインでこんな素敵な撮影会どうですか?


  一眼レフがあっても技術がない今日のふれあいランドでした。










# by fureailand | 2020-09-25 13:19 | 今日のらんど

隠れ名水の紹介。


  知名度抜群の龍泉洞。名水で有名です。
 ところがちょっと車で走るとこんな隠れ名水があったりします。

  「天王水」というのをご存じでしょうか?
隠れ名水の紹介。_b0219993_08312219.jpg
   場所は龍泉洞を通過して安家方面へ10分位。
   この赤い鳥居を目印に進みます。
隠れ名水の紹介。_b0219993_08340526.jpg
  こんな巨木の足元から溢れている湧き水があります。ここが天王水。
隠れ名水の紹介。_b0219993_08361220.jpg
 水源はおそらく龍泉洞のどっかなんだろうけど、よくわからないらしい‥

 そもそも龍泉洞自体、今公開してるの地底湖の一部なんです。
 龍泉洞の水とちょっと違って柔らかい。不思議な水です。
隠れ名水の紹介。_b0219993_08413676.jpg
隠れ名水の紹介。_b0219993_08420172.jpg
  グワッ!冷たい!この水温は驚異的です。どんな酷暑でも
 まったく変わらない水温。地底湖の謎。とっても整備されているので
  龍泉洞ついでにぜひ冷たすぎる天王水、体験してみてください。
隠れ名水の紹介。_b0219993_09312884.png
     家族も冷たい今日のふれあいランドでした。

# by fureailand | 2020-09-17 09:35 | 今日のらんど

韓流のススメ


 一気に気温が下がったふれあいらんど。だんだん秋めいてきましたね。

 今日はふれあいクッキングです。とっても簡単!食品ロスを減らしましょう。

 まずはこんな所をご用意ください。「余った肉」「野菜で捨てるような所」
「魚貝関係なくいらない所」「残った豆腐」「ハム、ベーコンのきれっぱし」

 あとはお好みでニンニク、生姜くらいです。
韓流のススメ_b0219993_16231024.jpg
 これは正式には韓国の部隊鍋(ブデチゲ)という料理です。
 特に決まったルールはないんですが、一つだけ!

 「辛ラーメン」を使ってください。不思議と他の麺だとノビてダメ。
 生麺だともっとダメ。辛ラーメンは大きいスーパーで売ってます。

 筆者はかつて福岡に住んでたんですが、釜山までフェリーで3時間で
  行けたこともあり、チャガルチ市場の屋台でドハマリしました。

  謎の魚介やら謎の肉がごちゃごちゃ入ったブデチゲ、謎の美味さ。

韓流のススメ_b0219993_17313889.jpg
 キムチ、コチュジャンでフィニッシュ!あ~あったまる…
 元々は兵隊さんのヘルメットが鍋代わりだったとか。

 みなさん、材料余ったらぜひ試してみて!ただし辛いです。

 末端冷え性に悩む今日のふれあいランドでした。アンニョン~





# by fureailand | 2020-09-12 18:02 | 今日のらんど

犬のお話。


  愛犬が病に倒れました。子宮蓄膿症という病気で重症です。
  夏バテかな?と思っていたらみるみるなくなる食欲。
犬のお話。_b0219993_16401069.jpg
犬のお話。_b0219993_16425359.jpg
  この穴が全部病の元だそうで即手術しますが何とも言えない、との事。
  出血も止まらず辛い思いをさせてしまったと後悔していました。

  筆者が昔から動物といるときは教訓にしているお話があります。
  作者不明のイギリスの話で「犬の十戒」といいます。
犬のお話。_b0219993_16504046.jpg
  10日後病院から連絡がありました。迎えにいきます。









犬のお話。_b0219993_16524136.jpg
  あれ?治ってる‼驚異の回復力!食欲もバッチリだ。良かったよ。

   目力に圧倒される今日のふれあいらんどでした。

# by fureailand | 2020-09-08 16:59 | 今日のらんど

特産品の紹介


    今日は地元、岩泉の特産品 「龍泉洞黒豚」を買ってみました。
    豚が食べたい!って思ったら迷わず黒豚に決めてしまいます。

     この豚の他とは圧倒的に違う所、脂身がとっても甘い!
特産品の紹介_b0219993_17551004.jpg
    ほかの豚なら敬遠してしまう脂の部分。ここがビックリするほどウマイ!

特産品の紹介_b0219993_17583376.jpg
     なので塩コショウだけして、あえて切り離してソテーします。

     やっぱ美味いなあ‥きっと肥育法になにか秘密があるはず。
     よし!行ってみよう!  というわけで図々しく押しかけました。
特産品の紹介_b0219993_18042431.jpg
        岩泉町、水堀地区へと向かいます。
        道中はこんな素敵な放牧風景もあったり
特産品の紹介_b0219993_18074077.jpg
       マイナスイオンだらけの渓流もあり、これは気持ちいいなあ。
特産品の紹介_b0219993_18095627.jpg
       番犬たちにお出迎えしてもらい、到着しました。
特産品の紹介_b0219993_18115794.jpg
   この環境、衝撃!ちょっと見づらいですが放し飼いです。
   そこには綺麗な清流が流れ込み水をガブガブ!楽園のようです。

特産品の紹介_b0219993_18153573.jpg
          パツンパツンの男の子!筋肉質だな。

特産品の紹介_b0219993_18175449.jpg
  突然の訪問にも関わらず親切に教えてくれる、高橋真二郎氏です。

  放牧期と仕上げ期では飼料が違うそうなんです。放牧期間はとにかく
  足腰を鍛える!仕上げ期に入るとキャッサバ等のデンプンを食べさせて
  特有の甘み、香りがでるそうなんです。間違ってたらスイマセン・・

  勉強になるなあ。なんとなくだけどわかってきた。
  非常に清潔な環境でストレスないのも美味しいポイントなんですね。
特産品の紹介_b0219993_18273658.jpg
   記念撮影まで応じて下さるとは!とっても生き生きと仕事に励む
   高橋ファミリーでした。「龍泉洞黒豚」ますますハマりそう!


   風景に見とれすぎて側溝に落ちかけた今日のふれあいランドでした。
   9/5から再開します!


# by fureailand | 2020-09-04 18:37 | 今日のらんど